スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラ

前回大雑把なゲームの流れを説明しました。今回はまずドラを説明します!!かわいい響きですね。ドラ・・・・ドラかわいいよドラ・・・・・・。

ネット麻雀などで打ってると卓の中央に1枚だけ牌が見えてます。これはドラ表示牌といわれるもので,その表示牌の次の牌がドラとなります。例えばマンズの2が見えてたらマンズの3がドラとなります。分かりやすくマンズの2が見えてるならマンズの2がドラでいいじゃないか!と思う人もいるかもしれませんが,すべての牌は4枚ずつしかないので表示牌で1枚使ってしまうと残りが3枚となってちょっと侘しいです。なので次の牌をドラってことにして4枚使えるようにしよう!!!って感じです。ドラというのはボーナスのようなものでそれを持った状態であがると点数が高くなるオプションです。

ただドラ自体は役ではないので他になにか役を作らないとせっかくオプションだけ一杯あってもあがれません。ROでいうとLAみたいなものかな。それ自体に攻撃能力があるわけじゃないけど攻撃当てれば威力がぱねーみたいな。ドラ1個につき1役分の力があります。役を作るっていうのは結構大変なのでドラ1個で1役分になるというのはとてもおいしいです。なのでドラは大事にしましょう。ドラは表示牌の次の牌以外にも赤5と呼ばれるものもあります。赤色の5は大事にしましょう。

話が前後しますが麻雀牌は全部で100枚以上あります。140枚くらいありますたぶん。ただそれぞれ違うってわけじゃなくて1種類につき4枚ずつあるので全体だとめっちゃ多いんです!!

マンズ1~9
ソーズ1~9
ピンズ1~9
字牌 東南西北白発中

各種4枚ずつです。さてゲームの流れとドラ、自風、場風などを今までで説明してきました!!残るは自分の手の進め方です。

100何枚を裏返しにして山を積み終わったら親から順に13枚ずつ配られます。親は14枚です。親は14枚取って1枚切るところから始まります。次南家の人が山から牌を引いてきてなにかを切って・・・・と続きます。つまり14枚から1枚切ってすすめていくゲームです。そして13枚を使ってテンパイ(@1枚であがりの状態)して14枚目であがるという仕組みです。最後にあがる14枚目は自分が引いてくる牌or人が捨てた牌です。

それじゃどうやって14枚であがるかですが、
基本的には4メンツ1雀頭を作ることになります。雀頭というのは同じ牌2枚メンツというのは同じ牌3枚or数字の並び3枚です。例えばこんな形

123m345s999p東東東西西

mというのはまんずsというのはソーズpというのはピンズの略称です。上の例が一つのあがり形です。テンパイ状態というのは上の例でいうと
123m345s999p東東西西 で東か西が出ればあがりという状態のことです。他にも別のテンパイ形はいろいろあります。
23m345s999p東東東西西なら14m引いたらあがりです。

これがテンパイとあがりです。テンパイを目指して打ち最終的にはあがるというのが麻雀です。ただここで形によって(又はドラの数で)点数が変わります。これが役といわれるものです。つまり役をつけながら4メンツ1雀頭を作っていくゲームということです。役を知らなくても一応4メンツ1雀頭を作ればいいだけなのでゲーム自体はできますが役を知らなければどうすれば手が高くなるかも分からずおもしろさが半減です。最低限の役は覚えてから打ちましょう。
スポンサーサイト

ゲームの流れ

また間隔があいちゃったな(^。^)麻雀の流れを説明するぞ!!!フレキ,レッドはよく聞いておくように!!!

麻雀といえば中国。中国といえば風水。風水といえば方位。方位といえば東南西北。ということで麻雀には東南西北といったものがでてきます。

現在日本の麻雀のほとんどは東南回しです。東南回しというのは最初東場スタートで南場で終了するってことです。場というのは分かりにくいかもしれませんが卓の上に吹いてる風ってイメージですね。4人が囲んでる卓の上に東の風が吹いてるわけです。よって東という牌を3枚集めると東という役がつきます。これを場風といいます。そして親を一人決めて他の3人は子になります。4人にも方位があって親が必ず東となります。親の右手側に座ってる人が南になり反対側に座ってる人が西となり親の左手側に座ってる人が北となります。それぞれの方位にあった牌を3枚集めると役がつきます。これを自風といいます。つまり場風と自風という二つがあって東,南,西,北の中で集めれば自分に役がつく牌はどれかってことを常に把握しておけってことです。

麻雀スタート!!!ってなったら場風は東で親なら自風も東となります。場風も自風も東とかぶってるのでダブ東(ダブルで東)という2役になります。南家の人は場風は東で自風は南となるので東と南を集めると役がつきます。

親は得点が1,5倍とおいしいです。自分があがる限り親は続きますが,子にあがられたりテンパイ(@1枚であがりという状態)もできず流局した場合は親が流れます。4人全員に親が回ったら南場に入ります。今度は場風が南になります。南場で親の人は場風が南で自風が東となるので南と東を集めると役がつきますね。南家の人は場風が南で自風も南となるのでダブ南になります。ダブ南とかダブ東は一種類の牌を3枚集めるだけで2役つくのでおいしいですね。また全員に親が回ったら終了となります。これが1半チャン(1ゲーム)といわれています。地方によっては状況次第で西場や北場まで入るところもあるそうですが,1半チャンに時間がかかりすぎるのでほぼ東南回しだと思います。

親の回り方は最初の親が蹴られたら次はさっきまで南だった人が東(親)になります。東だった人は北になります。西だった人は南になり北だった人は西になります。東(親)が2回まわったら終了ですね。25000点スタートで点数の取り合いします。点数は役と符できまります。初心者は符はまだ考えなくていいので役を覚えましょう。めんどくさくなってきたから今日はここまで(^。^)


復習!!!!
・今何場(東場か南場)か把握する。
・自風は何か(東,南,西,北のどれか)把握する。

麻雀の魅力

さてOUYOの報告によってカラスの全貌が明らかになりつつあるんですが,体重はせめて50kgにのせたほうがいいと思うよw俺も日々体重計が最大のライバルになってます。いきそうでなかなかいけない大台・・・・。「目だけ加藤あい」は知らない人はたくさんいるかもしれないけど3年以上前に釜さんの特徴を言うときにはやった言葉ですね。久し振りに聞けて糞ワロタwwwwwなかなか楽しそうだから暇があったら俺も混ぜてもらおうかなw

さてROのほうは現在休止中なんですがネットが完全に使えないっていうわけでもありません。ただスペックやマウス的にROできるほどの力はなさそうです。てことで時間があけばネト麻をやってたりします。フレキやレッドちゃんに教えようと思ったんだけど,言葉だけで伝えることの難しさを知りましたね!!!ペッシのように言葉ではなく心で感じろと言いたくなりました。

ピンフは雀頭を符のある牌で作ってはいけないという言葉をとっても雀頭や符の説明もしないといけないし・・・・どっか麻雀の説明してるサイト見て来いと言っても,絶対見る性格じゃないしね!!!ブログで少しずつ説明していこうかな。

まあ今回は俺の考える麻雀の魅力編!!!!なぜ麻雀漫画や雀荘は世にあふれこれだけの人気を博しているのか!?麻雀を知らない人もめんどくてルール知らないけど興味はあるって人も多いことでしょう。初心者の人で囲碁や将棋の中国版じゃないの?とか受け取る人もいますが囲碁や将棋って必ず強い人が勝つと聞きます。あんまりやったことはないですけどね。麻雀は運の要素が強いので初心者が強い人に勝つなんて事もよくあります。かといってチンチロのように完全に運任せというわけでもありません。腕が関わる要素も大きいです。いろいろなものがバランスよくあわさってるので飽きないのかもしれません。誰もが一度はやったことあるかもしれないポーカーというトランプゲームに近いかなーと個人的に思ってます。相手の手を予想したり勝負にいくか降りるかの判断,そして1ペアを残すか捨ててもっとでかい役を拾うギャンブルに出るか・・・。ポーカーは心理戦と運のゲームだと思ってますが麻雀はこれに腕のかかわる要素を増やしたようなゲームと思ってます。細部で違う部分が多いのは当たり前ですけどね。

お勧めのネト麻はどこかないかなーやっぱ東風荘が有名で行ってみたいんだけど固有メルアドが必要らしくホットメールしか持ってない俺はいけない(^。^)ハンゲはDLも楽だしなかなかよかったと思います。が,贅沢を言えば鳴きなしボタンがないので鳴かないと決めてる局でもいちいち鳴きキャンセルしなきゃいけないのが面倒だった。あと右クリックでツモ切りに対応してほしい!!!リーチかけた後でも牌を指定して切るのが面倒だった(+_+)まだ2回くらいしかやってないのでひょっとしたらそういうのできる方法があるのかもw東南荘はDLすると変な広告が出るようになるのと特殊ルールを採用しているのがちょっとデメリットかなwしかし広告はDL中にキャンセルするとかウィルス対策のソフトで駆除できたりするらしいのであんまり問題ないですね。俺はavastが起動して広告を駆除してくれました(^。^)特殊ルールってのは三コロのことです。三コロというのは2着が原点(25000点)未満の点数で終了するような状態をいいそんなtopをとるような人にはサービスあげよう!!!って考え方なわけです。当然サービスは他の3人から与えられるので三コロ状態のtopを取られないように他の3人は必死になるということです。単純な順位戦だと常に自分対他3人の状態ですがこのルールがあるとたまに知らない人同士でも差し込みや絞りなどの協力プレイに走ることもあり慣れるとなかなかおもしろいです。関西のブー麻雀に似てるのかな?ただ最大の欠点は三コロというルールを理解してない人が多すぎて,そういう人は順位と自分が上がることにしか拘らないわけです。理解してない人と打つとこっちはサンコロ取られないように必死なのに簡単に三コロ取らせるようなあがりをしたりされて(オーラスでダンラスが2着の首を切るようなあがりなど)つまらないことになりますね。まあ自分はこのルールが結構好きで東南荘で打つことが多いですね。鳴きなしボタンもあるしねw他にお勧めのネト雀荘はないだろうか(^。^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。