スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gv

11月頭のGvです。今回も人が少なく大魔法もない状態。まあいつも通り適当でって感じで割ってGメンは防衛しつつマスターがいろんな砦に飛んでEMCして各地を攻めまわる展開。

無題
まああんまり防衛してないので毒の消費は抑え・・・・・普段よりはおさまりました。

防衛してるようなところも攻めるんですが人数が少ないとこっそり殺す役に回りたいところが自分が全面に出てしまう展開が多すぎてふるぼっこになるのが多々ありますね。あとソドブレやメルブレが値下がりしたのでいろんな人が持ってて破壊率がはんぱなかったきがするw今度からは頭っからコートしよう!!結局修理代考えたらいい勝負な気もする。

無駄に耐えるのが得意なので白pの消費量だけははんぱなかった!!!普通の白pだけど800個以上使いました。大体流れ的にEMC→脱衣含めてふるぼっこ→でもどこかに隙がないか無駄に耐えてみる→白pががががが

死ぬ勇気というのも大事ですがあの場の雰囲気が好きなので少しでも残りたい!!!という気持ちの表れが白pの数に反映されました(*‘ω‘ *)

まあそんなこんなでラストはCでレースにかけるもLKの速さに追いつけず終了。お疲れ様でした。最近は軽いのもあってかラストのレースが早すぎてどうにもならないですね。防衛に期待できるほどの人数もいないのでレースを制するしかないんですが、ラストはテコンEMCに有利な砦狙う人とブーンでのレース割りに狙う人に分けてみてもおもしろいかもしれない。

Gv後はひっさしぶりにアビスに狩りにいってみた!!!すげー速度で倒していってボスまで倒せたけどなーーーーんもレアなしだったという・・・・あっマグニ2個か(゚д゚;)・・・・
スポンサーサイト

鳴きと面前

今回はまだ説明してなかった鳴きについての説明です。鳴きには、ポン、チー、カンなどがあります。主に人が捨てた牌をポンやチーなど発声しながらもらうことからこういう動きを「鳴き」といいますたぶん。他に人の捨て牌を「食う」ともいいます。よって食い仕掛けなどと呼ぶこともあります。

・ポン

自分がトイツで持ってる牌を人が捨てたときに「ポン」といいながらもらいます。

例 22s444s567m88m東東西 ここで誰かが東を捨てた時にポンといいながら東をもらいその3枚を右端に寄せます。どこからでも鳴くことができます。

・チー

数字の並びの時に使う鳴きです。

例 67m234s888s468p22p ここで上家が5mを捨てたらチーといって67mと一緒に右端に寄せる。


ポンと違って自分の上家(左手側)だけから鳴くことができます。

・カン

まず暗カンとミンカンがあります。ミンカンとは自分が同じ牌を3枚持ってるときに人の捨てた4枚目でカンと発声し右端に寄せます。またポンしてたところに4枚目を引いたときもカンできます。暗カンとは自分が3枚持ってるときに4枚目を引いてきてカンと発声します。自分で引いてきてるので面前のままということでリーチもかけられます。

例 222m4456m567s224p ここで2mを誰かが捨てたときにカンと発声して4枚を右端に寄せる。自分で4枚目を引いたときはアンカンとなる。

普通は3枚で1メンツの麻雀ですがカンの場合は4枚で1メンツ固定とすることができます。カンと発声することで固定してしまうのでカンの後にやっぱり他で使おうということはできません。カンの場合ドラが増えます。

鳴けば必要な牌を自分だけで引いてくる必要がないので簡単に手作りできることもあります。しかし、それだけにデメリットが多すぎるので使う時は気をつけましょう。

主なデメリットとしては「食い下がり」と言われる役のレベル落ちが一つ。1役のものはほとんど役なしになり2役のものは1役に3役のものは2役に落ちていきます。その中の例外がアンコ系とタンヤオです。タンヤオはほとんどの所では鳴いても面前でも1役です。ですが場合によって食いタンヤオは認めないということもあります。この場合は分かりやすいように「クイタンなし」など表示されてる場合が多いです。またアンコ系の役は面前でも鳴いても役が落ちないです。トイトイや三色同刻や三あんこーなど。しかしリーチが打てなくなるので裏ドラや一発なんていう偶発的なボーナスもなくなります。また鳴くほどに手牌が短くなっていくので防御がおろそかになります。

まあ鳴くか面前でいくかは経験です。自分じゃ引けないと感じたり面前じゃ他の人のスピードに追いつけないと感じたら鳴くのもありです。俺も気分によって鳴いたり鳴かなかったりと様々だったりします。ただ鳴かないことは我慢が必要なので鳴かずにせっせと手作りする人は見ていて好感が持てます。ほとんどの場合最大の得点は面前の場合が多いです。やはり最大得点を目指す所に麻雀のおもしろみがあるなーって思ってるだけですが。鳴いた方が高いって場合もまれにあります。鳴きと面前はもううちまくって判断できるようになりましょう!!正解は結果でしか判断できない!!

仮に34567m22s567s556pとあってドラが5pだとしましょう。

面前の場合、最大でリーチ、タンヤオ、ピンフ、ツモ、三色、ドラ1裏ドラが乗るか一発なら8役の倍満16000点まで見えます。ここでドラの5pが出たときにポンして6pを切ると

34567m22s567s 555pポン

タンヤオドラ3の4役8000点となります。8000点でも十分な得点なのでここで5pをポンするかあくまで最大値に拘るかは好みです。さっきの手は最大値なら確かに倍満まで見えるもののもし8m引いてリーチもせず47pであがると、タンヤオ、ピンフ、ドラ1の3役3900点という切ない得点になるので最低値を見た場合8000点より低くなります。そこで8000点を確定させて待ちもいいテンパイを取る人の方が多い気もします。俺でもポンするかなー・・・?いや俺はきっと倍満目指す!!!そういう葛藤の中で打っていくのが麻雀です。さあレッツ麻雀!!!

役3

役編も第3回目!!!今回は、玄人好みの役ということでいくつか紹介したいと思います。

・三色同順(面前2役 鳴き1役)

通称サンシキ。名前の通りまんず、ぴんず、そーず、の3色で同じ並びならさんしきです。

例 234m234p234s789p白白

他にも三色同刻(さんしきどうこー面前2役 鳴き2役)な役もあるんですが、役満より作るのが難しいといわれるほど滅多にお目にかかれないのでさんしきといえば三色同順を指すことが多いです。イメージはわいてると思いますが、

例 222m222p222s456p東東みたいな感じです。

まんぴんそーの3色で同じ牌がアンコ系の時が三色同刻ですね。まあ話を戻して三色と言ったら三色同順です。この役は私はめっちゃ使います。手牌で何切るか困ったら、とりあえず三色目指せそうな所を残すようにしてます。メリットはたくさんありますがデメリットはあまりないです。

・一気通貫(面前2役 鳴き1役)

名前の通りというか・・・・・一気に貫通します。でも一気貫通ではなくて一気通貫です。想像はできると思いますが、まんぴんそーのどれかで123 456 789という3メンツを作ればいいんです。1~9まで貫通してますね。

例 123m456m789m 567s 88p

これも結構狙います。どの辺をメンツにしようか悩む時は大体三色か一通が狙える所を残していきます。役を狙うってことは鳴いてもあがれるってことなので、受けが狭く感じるようで意外にあがりが拾えたりします。

・チャンタ(面前2役 鳴き1役)

手が腐ってる時はチャンタ系を目指します。腐ってるというのは普通に打ってもリーチのみになりそうだーとか冴えないときですね。チャンタは端っこ牌のための役です。タンヤオの逆バージョンというか。

例 123m111s789p東東東中中

まあこんな感じで、すべてのメンツと頭が1,9字牌含みで構成されるときの役です。手が悪い時には思い切って狙ってみるのもありです。俺もよく狙います。

・純ちゃん(面前3役 鳴き2役)

人の名前みたいですが、純粋なちゃんたを略して純ちゃんと言うと思います。チャンタよりパワーのあるチャンタ系なので想像できるかもしれませんが字牌なしで作る1,9メンツ頭ってことです。

例 123m999m123s789p11p

みたいな感じですね。字牌が使えないので受けが狭くなるため役も高くなります。これを狙ってあがれるようになればいっちょまえな気もします。基本的に牌がはしっこばっかりでタンヤオとか目指すのがだるい時はすぐさま純ちゃんに切り替えて完成しそうにないなら降りるみたいな感じで打てば結構使えます。素直にてなりで打つとリーチのみの糞待ちになりそうな時の救世主役です。

・イーペーコー(面前1役 鳴き役なし)

これは別に覚えなくてもいいかなーと思いつつ書いときます。

例 445566m123s567p99p

みたいな感じで456456とか同じ色で同じ並びのメンツがあればイーペーコーです。初心者はたまにチートイツとイーペーコーの区別がつかず、リーチボタンが出たら変な牌を切ってしまいノーテンリーチなんてことも多いですが確かに少しメンツ構成を考える頭がいります。445566を456 456のメンツとして考えるか、44 55 66のトイツ3組と考えるか、それによって他の切る牌も変わってきます。

例 445566m11s66s668p

例えば上の例ではチートイツ8p単騎待ちですが、次に7p引いてくるとどうなるでしょうか。

例 445566m11s66s6678p 

ここで456 456をメンツとしてみると、678pもメンツですから、6pを切ることによってイーペーコーの役のついた11sと66sのしゃぼ待ちとなります。また7pをつもぎることによってチートイツの8p単騎のままということもできます。初心者は一度トイツかメンツで判断したらそのまま考えを固定してしまうので、常に流動的に捉えるようにしましょう!初心者がよくやるミスは、

例 445566m11s667ss68p

と持っていてここで456をメンツ2個としてみていて6pを引いたときにリーチボタンが出る。チートイツのことが頭にないため何切ればいいのかわからなくなり6s切りリーチみたいな感じです。よく分からない時はリーチボタン押すのを控えてみるのも手です。

よく使う役は大体これくらいかな?ここまで役覚えたらもう立派に打てます。次からは鳴きや面前について少し触れるかな(*‘ω‘ *)


今日の役の復習!!
・三色
・一通
・チャンタ
・純ちゃん
・イーペー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。